• ロスシルド一族とドメーヌ・ド・バロナーク

ドメーヌ・ド・バロナークの歴史は古く、17世紀には既にドメーヌ・ド・ランベールの名称で知られていました。当時、ドメーヌは、フランス・オード県リムー市近郊に位置するサン・ポリカルプ村の大修道院に属していました。

その後いく度かの所有者交代を経て、1875年にはミシェル・ティセールがドメーヌを購入取得しています。ティセール一族のもとでブドウ畑は拡大され、1910年には48ヘクタールの広さを誇ります。1890年から1900年には、テラスと庭園を備えた瀟洒なお屋敷建物が築かれています。

1998年、ドメーヌの相続権を有していたマルセイユのシェロー弁護士は、フィリピーヌ・ド・ロスシルド夫人および夫人の息子ふたりにドメーヌを売却します。現在、ドメーヌの経営管理は、ロスシルド家同族会社であるバロン・フィリップ・ド・ロスシルド社が一任しています。購入当時、ドメーヌの状態は劣悪で、ブドウ畑および生産設備の大規模整備が必要とされ、工事に5年の歳月が費やされました。

2003年、ドメーヌ・ド・バロナークはまたとない好機に恵まれます。まず、この年のワインが非常に上質に仕上がったこと。そして、原産地呼称国立研究所(INAO)によって新たにAOCリムー・ルージュが制定され、同アペラシオン認定が得られたこと。以来、ドメーヌ・ド・バロナークのワインは、シャトー・ムートン・ロスシルドをはじめとするその他ロスシルド家所有シャトー同等の、風格と高い品質を伴わせています。

2014年からは、カミーユ・セレイス・ド・ロスシルドも兄弟(フィリップ・セレイス・ド・ロスシルドおよびジュリアン・ド・ボーマルシェ・ド・ロスシルド)とともに共同所有者に名を連ねています。

  • slide_image

    その後いく度かの所有者交代を経て、1875年にはミシェル・ティセールがドメーヌを購入取得しています。ティセール一族のもとでブドウ畑は拡大され、1910年には48ヘクタールの広さを誇ります。1890年から1900年には、テラスと庭園を備えた瀟洒なお屋敷建物が築かれています。

  • slide_image

    その後いく度かの所有者交代を経て、1875年にはミシェル・ティセールがドメーヌを購入取得しています。ティセール一族のもとでブドウ畑は拡大され、1910年には48ヘクタールの広さを誇ります。1890年から1900年には、テラスと庭園を備えた瀟洒なお屋敷建物が築かれています。

  • slide_image

    1998年、ドメーヌの相続権を有していたマルセイユのシェロー弁護士は、フィリピーヌ・ド・ロスシルド夫人および夫人の息子ふたりにドメーヌを売却します。現在、ドメーヌの経営管理は、ロスシルド家同族会社であるバロン・フィリップ・ド・ロスシルド社が一任しています。購入当時、ドメーヌの状態は劣悪で、ブドウ畑および生産設備の大規模整備が必要とされ、工事に5年の歳月が費やされました。

  • slide_image

    2003年、ドメーヌ・ド・バロナークはまたとない好機に恵まれます。まず、この年のワインが非常に上質に仕上がったこと。そして、原産地呼称国立研究所(INAO)によって新たにAOCリムー・ルージュが制定され、同アペラシオン認定が得られたこと。以来、ドメーヌ・ド・バロナークのワインは、シャトー・ムートン・ロスシルドをはじめとするその他ロスシルド家所有シャトー同等の、風格と高い品質を伴わせています。

  • slide_image
CLOSE
Choose your language / Choisissez votre langue:

CLOSE
error: Content is protected !!