ドメーヌ・ド・バロナーク 2003

ルビー色へと変化を見せる綺麗な外観。チェリー色の美しい光沢を備えています。

香りは実に表現豊かで、バニラ、キャラメル、レザーのノートが広がります。エアレーションにより、リコリス、各種スパイス、ペパーミントといった、より複雑なノートがあらわれます。

口に含んだ瞬間は実に甘美で、丸みとエレガンスを感じさせます。タンニンに関しては、モカ、カカオ、カシスリキュール、カテチュの香り豊かなノートに包まれ、見事に溶け込んでいます。

後味の余韻は長く、濃厚かつ風味豊か。暑い年特有の複雑性の高さと豊かさ。アペラシオン・リムー・ルージュでの初ヴィンテージにふさわしく、同アペラシオンの秀逸テロワールの魅力が詰まったワインです。

2003

ドメーヌ・ド・バロナーク 2003

アッサンブラージュ 69% 大西洋系品種
51% メルロ
11% カベルネ・フラン
7% カベルネ・ソーヴィニヨン

31% 地中海系品種
13% マルベック
12% シラー
6% グルナッシュ

樽内育成 50% 新樽
50% 1〜2年使用樽

テイスティングコメント

ルビー色へと変化を見せる綺麗な外観。チェリー色の美しい光沢を備えています。

香りは実に表現豊かで、バニラ、キャラメル、レザーのノートが広がります。エアレーションにより、リコリス、各種スパイス、ペパーミントといった、より複雑なノートがあらわれます。

口に含んだ瞬間は実に甘美で、丸みとエレガンスを感じさせます。タンニンに関しては、モカ、カカオ、カシスリキュール、カテチュの香り豊かなノートに包まれ、見事に溶け込んでいます。

後味の余韻は長く、濃厚かつ風味豊か。暑い年特有の複雑性の高さと豊かさ。アペラシオン・リムー・ルージュでの初ヴィンテージにふさわしく、同アペラシオンの秀逸テロワールの魅力が詰まったワインです。

2003年は極めて暑く、年平均気温においては2002年を上回る数値を記録しています。ただ、夏は猛暑だったとはいえ、それに先立つ冬は非常に寒冷な天候で、これは着目すべき点と言えます。

萌芽はかなり早めで、3月末から4月半ばにかけて観測されています。5月には豊富な雨に恵まれ、植物生育サイクルは早めに進みました。花の時期は5月末から6月中旬にかけて、良好な天候条件のもと、早期に進みました。

夏は気温の高い日が続き、植物生育およびブドウ果実の成熟速度はぐんと増します。降雨量は少なめでしたが、ブドウ畑における水不足による影響は最小限に留まりました。

収穫は9月15日に始まり、ブドウの衛生状態も良好で、最適な環境下での作業となりました。

CLOSE
Choose your language / Choisissez votre langue:

CLOSE
error: Content is protected !!