ドメーヌ・ド・バロナーク 2010

深みのある鮮やかなガーネット色の外観。

第一次香は複雑かつ鮮明な香り。野生果実のアロマが特徴的。エアレーション後にはブラックチェリーのノートが広がります。

 

アタックは明瞭でバランス良く、複雑性の高さを感じさせます。たっぷりと豊かな果実味、上質で心地よいタンニン、スパイスのノート、ほのかなカカオっぽい香りがあらわれます。

味わいの中盤は力強く、スギおよびユーカリのアロマが広がります。

後味の余韻は長く風味豊かで、リコリスを感じさせるアロマが際立っています。

 

2010

ドメーヌ・ド・バロナーク 2010

アッサンブラージュ 80% 大西洋系品種
51% メルロ
23% カベルネ・フラン
6% カベルネ・ソーヴィニヨン

20% 地中海系品種
14% シラー
6% マルベック

樽内育成 25% 新樽
75% 1〜3年使用樽

テイスティングコメント

深みのある鮮やかなガーネット色の外観。

第一次香は複雑かつ鮮明な香り。野生果実のアロマが特徴的。エアレーション後にはブラックチェリーのノートが広がります。

 

アタックは明瞭でバランス良く、複雑性の高さを感じさせます。たっぷりと豊かな果実味、上質で心地よいタンニン、スパイスのノート、ほのかなカカオっぽい香りがあらわれます。

味わいの中盤は力強く、スギおよびユーカリのアロマが広がります。

後味の余韻は長く風味豊かで、リコリスを感じさせるアロマが際立っています。

 

2010年は雨が多く(総降水量は650ミリメートル)全体的に低温な年でした。冬は寒く雨がちで、平均気温は平年値を1.5℃下回りました。1月から3月の期間、3度にわたり降雪も観測されています。

萌芽は4月3日から14日の期間、ドメーヌにおける通常の日程より1週間ほど遅れて、温暖で乾燥した天候のもと進みました。

春は雨が多く低温傾向で、5月4日には降雪も観測されましたが、この雪によるブドウ樹への影響は出ていません。このような天候にも関わらず、花の時期は通常どおり6月2日から14日にかけて進みました。

夏は暑く乾燥傾向でしたが、ブドウ樹は十分な地下水位のおかげで順調な生育を見せています。最も早熟品種であるメルロは7月31日に着色し始め、8月29日にグルナッシュにおいて着色は完了しています。

収穫に関して、10月10日に激しい雨に見舞われていますが、ブドウの衛生状態は影響を受けることなく健全で、良好な天候のもとで収穫作業を行いました。

CLOSE
Choose your language / Choisissez votre langue:

CLOSE
error: Content is protected !!